JBL パラゴン(PARAGON)自作で始まった! 木工 誇大妄想家 のサバイバル日誌//木工や音楽のことなど、あちゃちゃ~!わちゃちゃ~!ぎっちょんちょん!と雄叫びをあげながらの、てんやわんやの日々を綴ります。
2012/02/07 (Tue) 隙間の謎解明!(自論です)

 写真が、アップロードできない!!
 折角、盛りだくさんの写真を用意したのに何故?????

 まぁ~、しょうがないので復旧したら改めて作業内容を記します。

 今日は、また1つ自論が増えました。
 ドライバー(中音スピーカー)用の穴についてです。

 スピーカーを板(バッフルと言う)に取り付ける際には、スピーカーのサイズ(直径/円周)に合わせて穴を開けます。
 昨日今日と組み立てている後方の湾曲壁に、このドライバー(中音スピーカー)を取り付ける穴が開いてます。
 但し、パラゴン(PARAGON)の場合は、湾曲した板(バッフル)に穴が開いているので厄介です!

 実は、前々から ずぅ~~~~~~~~~~~~~っと不思議に思っていたのですが、パラゴン(PARAGON)はこの穴がドライバー(中音スピーカー)より少々大きいのです。
 つまり、隙間が開いているのです。
 あぁ~~~~~解り難いですよね!こんな時に写真があれば・・・・・・あっ昔の写真を転用します!

 TS3V0533.jpg

 丸が開いてる所に、ドライバー(中音スピーカー)を付けるのです。実際にはこの丸の部分がギュィ~~~~ンと曲がるのです。
 本来は、この穴の直径とドライバー(中音スピーカー)の直径が一緒であればピタッと納まるのです・・が・・パラゴンは穴の方が少々大きいのです。
 これ、数々の写真を見ても、本物見ても確かに開いているのです。隙間が・・・・
 
 いやぁ~~~、まぁ~~木工を生業にする(予定希望切望・志)の小生からすると、非常~~~~~~~に気になるのです。
 この隙間が!(んん~~~、プロっぽい!:笑)
 
 本物のパラゴンの中には、ドーナツ型のゴムだか板だかで上から被せて隙間を埋めてある物も見受けられます。

 で、今日たまたま、“丸い穴を開けても、その部分が曲がれば、丸が楕円になるので大丈夫か?”と言われまして・・・・

 “あっ、その通りだ!、やばい!!、どうしよう!、今更言われても取り返しがつかない・・・・うう・・・・・”

 とは、思いませんでした(笑)!
 
 “あっ、そうか! だから少々バッフルの穴が大きいんだ!” と、ひらめいた訳です。
 
 確かに、バッフルの穴がドライバー(中音スピーカー)の直径とピッタリ同一であれば、バッフルを曲げた時に、ドライバー(中音スピーカー)が入りません。

 この部分は加工する際に、“どうしよう・どうするべ・如何に対処すべきか・・・・ここは木工を志す以上ピッタリと同一サイズで穴を開けるべきか、否か・・・”とかなり悩んだのです。
 繊細で、神経質なので・・・(笑)

 んで、勿論「先人の知恵」に習って、少々大きな穴を開けました。
 正直、開けた穴にドライバー(中音スピーカー)をはめてみたら、スポスポでゲンナリしていたのです。
 何てったって、木工職人(を志す者)ですから・・・(笑)
 
 今日の楕円の原理に気付くまでは、
 「このドライバーにホーン(ラッパ)が付いて、それに脚が付き、前面のリフレクターにも支えられるので位置決め用の調整代としての隙間」
 「実際に、ドライバー(中音スピーカー)が鳴った時に、大きな湾曲壁が共振してヘンなビビり音が出ないためにわざと接触しないようにしている」
 と、いつもの根拠のない理論付けをしていました(あながち間違ってないかも・・・)

 でも、今日ハッキリ謎が解けました。
 丸は曲げたら楕円になる!の原理ですね。
 さすがだ、JBL!
 良かった、素直で(笑)。

 現代のように、何でもかんでも数値管理出来て、それもマイクロメートルナノメートルで加工出来てしまう時代なので、実際には楕円の曲率を計算して穴を開ける事位は出来るのでしょうが、オーディオの世界には、深~~~イ・深~~~~イ訳があるのです! 多分。
 勿論、1958年当時の加工技術の限界もあったのでしょうが・・・

 こんな時、故郷でお会いしたオ-ディマニアの喫茶店のマスターの御言葉を思い出し、
JBLにしても、アルテックにしても、そりゃ真似できない凄いノウハウを注ぎ込んで物作りをしている。ここも、そこも、意味が有ってそうしてるんだよ」

 見栄だけの木工的な観念だけでは、ダメだぞ~~~~ っと改めて思ったのでした。

 丸を曲げたら、楕円になる、ぐらい知ってて常識だ!とは言わないでください。
 文系なので・・・(笑)
 
 

パラゴン(PARAGON) ・ JBL | trackback(0) | comment(0) |


<<ちょっとだけ、パラゴンぽくなって来ました。 | TOP | 初めての立体に悪戦苦闘!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ahchawachaghichon.blog.fc2.com/tb.php/75-c0c4f48b

| TOP |

プロフィール

クラッピン ジャム ウッド by 原田        

Author:クラッピン ジャム ウッド by 原田        
JBLのPARAGON(パラゴン)を実寸で自作したのが事の始まり!(笑)、オーディオや家具、車のキャリアなどなど、好きな物だからこそ、こだわって物作りができます。1人でこつこつ木工品を作ってます。手作りの面白さをお伝えします。趣味の音楽や車のことも書いてます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問いただいた御方の数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR