JBL パラゴン(PARAGON)自作で始まった! 木工 誇大妄想家 のサバイバル日誌//木工や音楽のことなど、あちゃちゃ~!わちゃちゃ~!ぎっちょんちょん!と雄叫びをあげながらの、てんやわんやの日々を綴ります。
2012/01/24 (Tue) リカバリー

 今日は、昨日に打って変って、木工御神様降臨!の日でした。

 昨日、加工途中だったツイタ―を支える部品は、あのままで良さそうな感もあるのですが、実は何だか複雑な形をしていまして、その加工を朝からしました。
 
 先ず、天板と地板は、それぞれの角を149度と115度に切り落とさなければなりません。
 横切り盤で出来るところは、それを利用しますが、115度の部分は、またヘンテコな切り口になっているため
 
 “いっちょ、匠のノコさばきを見せたるかい!”

 と、張切って腕まくりして、ぺッ!ペッ!と手のひらに・・・と言うのはウソで、

 “はぁ~~、ノコしかダメかいな、それも縦引き(このタテ引きていうのが、ノコ刃が粗目で墨線通りに切るのが難しいのであります。)、はぁ~~、ふぅ~~”

 と、タメ息交じりに意気消沈してました。
 
 夏の訓練では、人がうらやむほどノコギリと蜜月に意気投合し、ゴシゴシ・ゴシゴシ墨線の上を思い通りに軽快なフットワークで切り倒していたのに・・・(ちょっと言い過ぎました、それなりに切っていたのに)
 
 なんとかならんかね~~、と天を仰ぐと、降りて来ました!!

 木工御神様、が!

 「横切り盤でここをこの様に溝を切って、次に、簡易固定プレートをこの様に作って昇降盤のホゾ取りで切り落とせば出来るぞよ」

 TS3V0476.jpg

 なるほど!、その通り進めると、ハイ出来あがり!

 次に、サイズは24×14×132mmと、まぁ~~小さな部品なのですが、これが小さいくせに、43度・156度・71度・109度・161度の内角を持ったヘンテコ五角形なのです。
 CADで図面を起こしているので、“そんなに細かいこと言わなくても” の思いを無視してキッチリ数値(五角形の内角の和は540度!)を出してくれます。
 でも、そうそうこの通りに行くわけではありません。
 まして材料がとても小さく、他の部品との接合具合からしても、それぞれの角度は目安に現物合わせで加工することにしました。

 さぁ~~て、どうしよう、と天を仰ぐと、隣にまだ居ました!!

 木工御神様、が!

 「そんな小さな部材を指だけで支えては、危ないぞよ!、こうやって他の材に備え付ければ定規の代わりにもなって安定もする、材料をこの方向で取れば変形4角形になり、最後の一刃切りは直角になるので、左右からはさんで切っては如何かな」

 TS3V0477.jpg

 な~~るほど!、その通り進めると、ハイ出来あがり!
 こちらが、その部品です。

 TS3V0479.jpg

 そんでもって、各部品を合わせてみると、こんな感じです。

TS3V0481.jpg

 次に、この部品に合わせ湾曲壁に取り付ける支柱を加工しました。図面では122度・146度・89度に切り落とさなければなりませんが、これもそれぞれの角度を目安に現物合わせで加工しました。
 今回は先日の宇宙の彼方の大先生の教えを駆使して加工しました。
 そして、全員で集合写真を撮ると、こんな感じです。

 TS3V0482.jpg

 大きさにしたら、180×190mmくらいの小さな部品ですが、まぁ~~~手こずりました。
 そして、この複雑な形は意味がちゃんと有って、湾曲壁の中に部分的に食い込んでハマる構造になっているのです。
 21世紀の現代なら、構造的にもっともっと容易な方法がワンサカ有りますが、1958年当時の知恵の結集なのでしょうね。
 オリジナルの加工にこだわり、何事も訓練と思い仕上げました。
 そして、この部品も以後人前に出ることはなく、スピーカー筺体の奥深くに埋められてしまうのです。

 次に、ドライバー(中音スピーカー)を湾曲壁に取り付ける支柱を加工しました。
 トリマーで半円をくりぬき、昇降盤で5度切り落としています。
 これに、長ネジ用の垂直穴を開けました。

 TS3V0483.jpg

 5度の切り落としでは、先生に新たな必殺技を教えて頂き(またまた、その場でこの技を考え出してしまうのです、いつもながらアッパレです!)、
 垂直穴では、我チームの重鎮、○御仁にドリルのセッテイングをしてもらい、きれいで正確な穴を開ける事が出来ました。
 この御仁様、冷静沈着かつ温厚なジェントルマンで、さらに抜群のアイデアの持ち主で、我チームが幾多の難関加工を突破する時のキーマンです。
 今回も、加工方法を教えて頂き、ドリルのブレを目視で見極め(小生は見切れませんでした)、上げ膳据え膳のオンパレードでした。いつも、有難う御座います!

 なんとか、昨日のリカバリーは出来ました。

 

 

パラゴン(PARAGON) ・ JBL | trackback(0) | comment(2) |


<<結晶塗装 | TOP | Whtat's Going On !! >>

comment











管理人のみ閲覧OK


お見事!

流石です、ほれぼれしますね〜

2012/01/26 20:48 | クロモリコウ [ 編集 ]


恐縮です

クロモリコウさん

こんばんわ。
お褒め頂き恐縮です。
一転、今日は散々でした。ドライバー用の穴の位置を上下間違えてしまいました。
間違った図面で墨付けして、それを舐めまわすように確認して寸文たりとも違わずに穴を切りぬいたのですが、材を立ててみるとえらく下の方に穴が開いてました(笑)

2012/01/26 21:32 | HARADA [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://ahchawachaghichon.blog.fc2.com/tb.php/62-1ca026f1

| TOP |

プロフィール

クラッピン ジャム ウッド by 原田        

Author:クラッピン ジャム ウッド by 原田        
JBLのPARAGON(パラゴン)を実寸で自作したのが事の始まり!(笑)、オーディオや家具、車のキャリアなどなど、好きな物だからこそ、こだわって物作りができます。1人でこつこつ木工品を作ってます。手作りの面白さをお伝えします。趣味の音楽や車のことも書いてます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問いただいた御方の数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR