JBL パラゴン(PARAGON)自作で始まった! 木工 誇大妄想家 のサバイバル日誌//木工や音楽のことなど、あちゃちゃ~!わちゃちゃ~!ぎっちょんちょん!と雄叫びをあげながらの、てんやわんやの日々を綴ります。
2014/12/17 (Wed) ウエスタン15A自作日誌(51)

2週間も、更新サボってました!・・・ごめんなさい

ついに、最終回です!

あれから1ケ月ちょい!

先月の12日の事です!

いよいよ8ケ月に及ぶ格闘の末に出来上がったWE15Aと惜別の思いで朝を迎えました!

we15Ab59.jpg

朝の7時より平日にも拘わらず沢山の同級生達が手伝ってくれました!

学校へ輸送するために分解しています。
we15Ab71.jpg

そして I君が手配してくれた積載車とトラックに積み込んでいます!
we15Ab72.jpg

なんとも雄大な風景でした!
we15Ab73.jpg

we15Ab74.jpg

以前に見た写真を想い出し、探してみました!
we15Ab76.jpg

遠い昔もこんな風にWE15Aを運んでいたのです。

積みきれないウーハー用スピーカーはもう一台のトラックに載せて運んでもらいました!
we15Ab67.jpg

高校に到着です!

we15Ab75.jpg

懐かしき体育館に搬入です。
we15Ab70.jpg

実は搬入している間に別の場所でこんな作業も行われていたのです!

we15Ab79.jpg

今回、WE15Aの塗装をしてくれた「ペイント・ハウス」の小川智久君の計らいで彼の友人が営む焼き付け塗装専門会社でスタンドに焼き付け塗装してもらっていたのです。
それも朝、分解したときにスタンドを塗装会社に持ち込んで2時間位で仕上げて高校に持って来てくれたのです。
金属を塗装する場合、サビが出なく、剥がれない塗装が必要になって来ます。
経年変化を危惧して、動いてくれたのです!…感謝です。

この様に素地の状態だったスタンドが
we15Ab82.jpg

奇麗に焼き付け塗装してもらったのです。
we15Ab81.jpg

お陰さまで、横からも、後からの姿もビシッ!と決まりました!
we15Ab80.jpg

そして皆に手伝ってもら組み上げました!
we15Ab68.jpg

組み上げている間に、「モウリ・サウンド」の毛利さんは同業者のIさんと2人で配線工事をしてくれてました。
舞台袖の2Fにある放送室からWE15A用の配線を組み上げてもらい、同時に現状の壁面スピーカーと切り替えが出来るようにセレクター、イコライザー等の機材をセッティングしてもらいました。スピーカーコードだけでも100mを使う一大工事でした。

全ての工事が終わったのは15時過ぎだったと思います。

いよいよ、音出しです!

録音しました!・・・・携帯電話ですが

サウンド・チェック、音作り前の音ですが、とにかく体育館に鳴り響いた時は感慨深いものが込み上げてきました!

50年前に作られた体育館は音響的には最高に不適格で(笑)、反響音、残響音がぐるぐるぐるぐるいつまでも駆け巡ります。
補修や耐震補強などは幾度となく施されているそうですが、音響の事などはなおざりですよね。

そんな環境と状況での録音ですので音質は劣りますが雰囲気だけでもお楽しみください。



お披露目当日も小型録音機でも録音しましたが、音がバリバリ割れちゃって残念ながら聴けたモノではありませんでした。

体育館が激震するような迫力のある音でしたが、その体感をお伝え出来ないのが残念です。

とにかく、広い体育館でも本気で鳴らす事が出来ないほどの能率の高さで、この時の出力電力はたったの1Wなのです!

バケモノ(言葉が下品で失礼!)です!・・・& 非常にエコです(笑)

もちろん、本来の目的は達成出来て、音は体育館の後方は言うまでもなく、外まで、校門まで、校外まで・・・届きます!

・・・ちょっと注意されちゃいましたが、

とにかく完成しました!

weaa15.jpg
we15A9.jpg



・・・10月初めの段階で、「ヤバそう・・無理かも知れない・・出来ないんじゃぁない・・無理だろう!」

・・・みんなもヤキモキ…

・・・冷汗タラタラ・・・

そんな無茶苦茶な状況でしたが、最後はみんなの力を結集して怒濤の力技でやり遂げました!


お披露目会の夜、ある友人が言ってました。

「1年半、何度も何度も皆で集まっては喧喧囂囂・・・紆余曲折あったけど、ここまで来れたのは全員にとても強い意志があったからだ。」

振り返ればその通りで、難問・課題、次々に起こる不測の事態に1人では間違いなく挫折したり、諦めたり、投げ出したりしていたでしょう。

しかし、そんな幾度の障壁も必ず同級生の誰かが突破して活路を見出してくれました。

その度に

こんなに、頼もしかったかとは…
こんなに、強かったとは…
こんなに、心が広かったとは…
こんなに、頭が良かったとは…
こんなに、思いやりがあったとは…
こんなに、まともな発言をするとは(笑)…

今でも会えば3秒で18歳に戻れる同級生達ですが・・・・

・・・みんな社会の一線で頑張っるんだぁ~

・・・卒業30年、そんな月日の流れをしばしば感じたのでありました。

「絆」なんて言葉はこそばいですが、”何十年経ったとしても、断つことのできない人と人との結びつき”を感じさせてもらいました。

卒業30年の記念品を寄贈することが目的でしたが、こんな有意義な思いをさせて頂いたのはを何にもかえがたい副産物でした!

半田高校36回生の皆さん、協力・応援、本当にありがとうございました!

また、友人や知人の皆様にも多大なご協力を賜り、本当にありがとうございました。

1907281_560016514099205_5257475826639566791_n.jpg


これで、完結です!

最後までお読み頂きありがとう御座いました。

原田佳文





ウエスタン15A自作日誌はこちらから・・・・http://ahchawachaghichon.blog.fc2.com/blog-category-4.html

ホームページはこちらです!
Woodwork Studio AH_CHACHA WA_CHACHA GHICHONCHON!
木工房「あちゃちゃ・わちゃちゃ・ぎっちょんちょん!」のホームページ


明日からは日々の徒然を綴ります!

ウエスタンエレクトリック | trackback(0) | comment(2) |


<<keep on movin' | TOP | ウエスタン15A自作日誌(50)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


在校生の感想

在校生のお母さんから、本日こんな話を聞きましたの
で、記します。

「体育館に毎日のように来て、我々のために頑張って
 くれて、本当に感動した。 
 あんなすごいもの寄贈してくれる先輩ってすごいよ。
 ボール絶対当てるなよってみんなで言ってたよ。
 
 30年経って、あんなに手が込んだものを同級生だけ
 で集まって作るなんてすごいよ。
 後輩のために、時間かけて、そんなに集中して、あん
 なにいい音するものを作ってくれて、本当に嬉しい。

 今でも舞台に上がってみんなで寄せ書き眺めてる。
 すごいね~って話してる。
 
 それと、30年も経って、母校のために心からの贈り
 物ができる、そんな学校に僕は入ったんだなって、
 うれしく思う。」
 
 というようなことをみんなで話してるそうで、それを
 家で弟に話してたそうです。
 
 30年前には母校に愛情もわかなかったけどね。
 不思議なものです。
 在校生の感度も高いこともわかり、本当によかった
 です。
 皆さま、本当にお疲れ様でした。
 
 
 

2014/12/25 21:31 | みわ [ 編集 ]


Re: 在校生の感想

みわさん

知らせて頂きありがとうございます。
言葉が見つかりません、感動です!
お会いする機会がありましたら、宜しくお伝えください


2014/12/26 07:21 | 木工房 「あちゃちゃ・わちゃちゃ・ぎっちょんちょん!」 by原田         [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://ahchawachaghichon.blog.fc2.com/tb.php/583-9e5ebad6

| TOP |

プロフィール

クラッピン ジャム ウッド by 原田        

Author:クラッピン ジャム ウッド by 原田        
JBLのPARAGON(パラゴン)を実寸で自作したのが事の始まり!(笑)、オーディオや家具、車のキャリアなどなど、好きな物だからこそ、こだわって物作りができます。1人でこつこつ木工品を作ってます。手作りの面白さをお伝えします。趣味の音楽や車のことも書いてます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問いただいた御方の数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR