JBL パラゴン(PARAGON)自作で始まった! 木工 誇大妄想家 のサバイバル日誌//木工や音楽のことなど、あちゃちゃ~!わちゃちゃ~!ぎっちょんちょん!と雄叫びをあげながらの、てんやわんやの日々を綴ります。
2013/03/20 (Wed) ランディー・ローズ  30周忌

昨日(3月19日)は25歳で亡くなったスーパー・ハードロック・ギタリスト

「ランディー・ローズ」の30周忌でした。

と、オジー・オズボーンが教えてくれました!(追悼文をネットで見ました)

randy3.jpg
(クラシック・ギターを持ってますが、バリバリのハードロッカーです!)
(でもいち早くクラシック・ギターの要素を取り入れた先駆者です!)


オジー・オズボーンの元で、たった2枚のアルバムを残し天国へ旅立ったランディ・ローズ

を、初めて知った時(僕が高校1年生?)は、亡くなった時と同時期ぐらいだったと記憶しています。

オジーオズボーンを初めて聴いたレコードがコレでしたので・・・

randy5.jpg

どっぷりハードロックへ傾倒していった時期でした。

激しい青春時代でした(笑)

タイトルが「悪魔の嘆き」ですよ。

悪魔が悲しむって・・・なんじゃらホイ?ですよ(笑)

嘆き方の感情表現が間違っている・・・でも凄いな!ですよ(笑)

と、恐ろしい写真に震えながら、爆笑したのを想い出します!

しかし、帯の説明を読みますと、「ランディ・ローズ」への追悼アルバムだったのですね。

だから・・・悪魔の嘆き・・・納得です!

当時、おどろおどろしい黒魔術のイメージを前面に押し出していたオジーですが、僕は下の写真を見て

「オジーは実はとても優しく良い人だ!」と確信してました!
(まさか、後年ブレイクしたオズボーン一家で垣間見れる、あそこまでコミカルな御方だとは思いませんでしたが:笑)

randy2.jpg


そして、「ミスター・クロリー」を聴いてランディ・ローズが大好きになりました。

そして、あの端正な顔立ちを見て、永遠のライバルだと思いました(笑)

ではでは、追悼で・・・「ミスター・クロリー」です。

興味の無い御方も4分後位から始まるギターソロは泣けます!(泣いてください!)



このイントロも泣けます!
このジャケット写真からは想像できない繊細な旋律に驚きました!
これ以外はバリバリのハードロックです(笑)



やっぱり、良いですね!
この後に、ヴァンへイレンやヴァンデン・バーグのアコースティック・ソロも聴きましたが、やはりランディ・ローズのこれが一番です!


≪おまけ≫
どっぷりハードロックです!
「悪魔の嘆き」に対する視覚補正です!
先日、たまたまネットで見てぶっ飛びました!

僕が最初に聴いてコピーしたハードロックは、アイアンメイデンです(笑)
こちらのレコード・ジャケットもオジーに負けず劣らず不気味ですが・・・
心配ご無用です! 

本家公認の女性ばかりで編成されたアイアン・メイデンのトリビュート・バンドです。
その名も「ザ・アイアン・メイデンズ」です。

何が凄いって、ここのツイン・ギタリストが美女でバカウマなのです!
まぁ~見てください!
オジーの不気味な写真の事など吹っ飛びます!(笑)
1人は20歳ですよ!



右の御方が20歳ですよ!(気になる貴方の為に:笑)




どうも、散文的で不調です。

何故なら、家族の手前、BGMはレッド・ガーランドが流れているのです(笑)



無茶苦茶ですね(笑)




音楽 | trackback(0) | comment(0) |


<<プログレ 再熱!・・・らしい(笑) | TOP | 新作です! ダイニングテーブル&ベンチ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ahchawachaghichon.blog.fc2.com/tb.php/314-a2a94bbb

| TOP |

プロフィール

クラッピン ジャム ウッド by 原田        

Author:クラッピン ジャム ウッド by 原田        
JBLのPARAGON(パラゴン)を実寸で自作したのが事の始まり!(笑)、オーディオや家具、車のキャリアなどなど、好きな物だからこそ、こだわって物作りができます。1人でこつこつ木工品を作ってます。手作りの面白さをお伝えします。趣味の音楽や車のことも書いてます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問いただいた御方の数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR