JBL パラゴン(PARAGON)自作で始まった! 木工 誇大妄想家 のサバイバル日誌//木工や音楽のことなど、あちゃちゃ~!わちゃちゃ~!ぎっちょんちょん!と雄叫びをあげながらの、てんやわんやの日々を綴ります。
2012/05/30 (Wed) 面白い語源

 塗装作業で、ニスなるものを使ってまして・・・・

 「ニス」、子供の頃から生活には役立ちませんでしたが知っている言葉でした。
 が、ここに来て仕事で使うとなろうとは、今更誰に聞く事も出来ないので、ちょっくら調べました。
 まぁ~、ここに記しても全然面白くもない話ですので(&種類が有りすぎて難しいので)割愛させて頂きますが、
 その語源がチョッと笑けました。

 もともと英語の「virnish:ヴァーニッシュ]・オランダ語の「Vernis:ヴァーニス」が語源で、それが発音的に訛って「ワニス」になり、言い回すうちに一文字削られて「ニス」になったとか・・・
 
 なんじゃぁ~、そりゃ!(笑)・・・と面白がってたら、まだ有りました。

 「ボール盤(穴を開けるための工作機械)」、これなんかもオランダ語の「boor-bank」が語源らしいです。
 何て発音するか解りませんが、昔の人もムリムリ呼んでたら時を超えて「ボールバン」になっちゃったんでしょうね。
 盤(バン)は完全なる当字ですよね、「上手い!」&「そりゃないよぉ~!」です。

 正しい日本語が使えない今時の・・・・なんて、僕も言われてましたす(笑)が・・・
 支離滅裂な語意の言葉もいっぱい有りますのにね。

 「お転婆」などもオランダ語の「ontembaar」からという説も・・・
 「金平糖」なんかはポルトガル語の「confeito:コンフェイトウ」かららしいです。「トウ=糖」(笑)

 カタカナ表記なら、外来語かな?と容易に想像できますが、漢字が使って有りますとねぇ~
 とても厳かな意味があると構えてしまいます。
 
 かと思えば、
 「玄関」なんかは・・・・・
 「玄」は深い悟りの境地の意味。
 「関」は通過するのに困難を伴う関門(入口)。
 つまり、「玄妙なる道理を知り、悟りを得るために通過しなければならない関門」・・・ということです。
 、もう近づくことすら出来ません(笑)
 たまたま、昨日伺ったお客様の所で玄関のご相談を頂きまして・・・・・
 ついでに調べてみたら、あら・まぁ~! こんな厳かな意味があったとは・・・・・
 
 知らない方がいい場合も有りますね!
 お客様のご要望に副えなくなってしまいますものね!(笑)

 玄関つながりで「ドアーズ:Doors]でも聴きましょう(笑)
 
 
 もう一曲!
 

 ハートに火が付きましたでしょうか? 
 では、おやすみなさい!(笑)



 
 

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


<<ドク・ワトソン | TOP | ガス欠!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ahchawachaghichon.blog.fc2.com/tb.php/151-1d4c18d1

| TOP |

プロフィール

クラッピン ジャム ウッド by 原田        

Author:クラッピン ジャム ウッド by 原田        
JBLのPARAGON(パラゴン)を実寸で自作したのが事の始まり!(笑)、オーディオや家具、車のキャリアなどなど、好きな物だからこそ、こだわって物作りができます。1人でこつこつ木工品を作ってます。手作りの面白さをお伝えします。趣味の音楽や車のことも書いてます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問いただいた御方の数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR